居宅介護支援事業所イメージ写真

運営の方針

本事業は利用者が要介護状態等となった場合においても、可能な限り居宅においてその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよう配慮して援助に努める。
利用者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、利用者の選択に基づき、適切な介護サービスが、多様な事業所から、総合的かつ効果的に提供されるよう配慮して行う。
利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者に提供される居宅サービス等が特定の種類のまたは特定の居宅サービス事業者に不当に偏することのないよう、公正中立に行う。